総量規制年収の3分の1以上の借入れをする方法



銀行以外で融資を受ける場合、総量規制の対象となり年収の3分の1以下の範囲内でしか融資を受けることはできませんが、これはあくまで、原則ということであります。
もちろん、借入れた金額が総量規制で決められた金額になってしまった場合でも、例外として借りることができるケースというのがありますし、年収の3分の1以上借りれる方法があります。

不動産をお持ちの方は⇒コチラ

まず総量規制とは




総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。

その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査します。

なお、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。

【貸金業協会ホームページより抜粋】

このようなルールを作ったため、借りにくくなったのです。



年収の3分の1以上借りれる裏ワザ

特に中堅の消費者金融は、貸したい・・・、貸せるのに・・・、総量規制が邪魔をして貸せない・・・という苦しい悩みがあります。本根は貸したいと思っているのです。
何か勤務先以外の収入はないの?とか思っているんですが、貸し手側からは聞かないです。

聞いたとしても、素直に「ない」と言われれば、どうしようもありません。

あなたがサラリーマンなら

☑残業や休日出勤して、給料明細に書かれている金額をアップさせることで、少しは年収の3分の1という枠が広がります。
☑副業したり、アルバイトをして、勤務先以外の収入があることをアピールしてみて下さい。
☑副業をしているのであれば、それを本業として自営業者(フリーランス)になれば、事業資金として総量規制の対象から外れる融資が受けられます。
☑家庭にある要らない物を、ヤフーや楽天等のオークションやメルカリminne等で売って、取引画面を印刷して収入証明とすることができる場合があります。
☑銀行のカードローンで他の借金をまとめるということも考えて下さい。
☑持家だったり、担保を提供してくれる人がいるなら、不動産担保融資でまとめる方法があります。

あなたが主婦・主夫なら

☑銀行のカードローンなら、収入証明の提出が必要ありませんので、ブラックでない限り大きな金額は難しいですが、借りれます。
☑銀行のカードローン以外で借りたいなら、パートタイムで働いて、収入証明(給料明細書)をGetすることで問題なく借りれます。
☑家庭にある要らない物を、ヤフーや楽天等のオークションやメルカリminne等で売って、取引画面を印刷して収入証明とすることができる場合があります。
☑内職等で自営業者の扱いになれば、総量規制の対象外の「ビジネスローン(事業主向けローン)」があります。

関連記事:【無職でも借りれる方法はある!

あなたが個人事業主・自営業者なら

☑事業性資金については基本的に総量規制対象外なので、相談してみると良いです。
日本政策金融公庫から借りれば、低金利で借りれます。
☑起業して間もなくても、助成金をもらうことで、返済の必要がないお金が手に入ります。

まとめ

現在自営業であったり、これからフリーランスになろうとしている方なら、総量規制に関係なく借りれる「ビジネスローン」をの活用したらいいと思います。

ビジネスローンを借り易くする方法が、【個人事業主・自営業者になってビジネスローンを借りる】に書いてありますので、参考にしてみて下さい。しかも初期投資がほぼ0円で個人事業主になる方法でです。

sponsored

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です