今でもクレジットカードで仮想通貨を買えるところや方法はまだある?

クレジットカードで仮想通貨購入

近年注目度が増している仮想通貨。

以前はクレジットカードでの購入も可能でしたが、2018年の3月頃から仮想通貨取引所においてクレジットカードでの入金に対応しなくなり、該当する取引所では事実上クレジットカードでの仮想通貨の購入が不可能になってしまいました。

仮想通貨は、仮想通貨の取引所を介して購入します。取引所への入金方法には銀行やコンビニなどがありますが、クレジットカードでの支払いには対応していないのが現状で、再開のめどもたっていません。

一方で、あくまで現在利用できないのは国内の取引所へのカード入金のみなので、仮想通貨をクレジットカードで購入すること自体が、まったく不可能というわけではありません。ここでは、仮想通貨を購入するためにクレジットカードを利用する方法がないか、考察してみました。

目次

海外の取引所を利用する

仮想通貨はクレジットカードで買えない、といいますが、厳密に言うとそれは利用する取引所次第です。

というのも支払いに対応していないのは日本国内の取引所のみで、海外の取引所であればクレジットカードでの入金に対応しているところも多いです。

そのため、クレジットカード支払いで仮想通貨を購入したいなら、海外の取引所を使うことになります。

海外の仮想通貨の取引所で、カード入金が可能なのは「BINANCE」「BYBIT」などが挙げられます。

BYBITはJリーグのアビスパ福岡と提携し、ユニフォームにロゴを掲載していたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

海外の取引所を使う注意点としては

  • 手数料が高め
  • カードによっては支払いに使用できない場合がある
  • サポートが英語であるなど、国内の取引所に比べて使用しにくい場合がある
  • 信用できる業者か確認する

などがあります。

海外の取引所はクレジットカード払いに対応している場合があることに加え、取り扱っている仮想通貨の種類が多いなど、国内の取引所にはないようなメリットが存在します。いっぽうで先日もFTXの破綻が話題になったように、海外の取引所を使うことにリスクが存在しないわけではありません。

メリットとデメリットを考慮したうえで、信頼できるであろう業者を選んで取引するようにしてください。

国内の取引所で購入したい場合

クレジットカードでキャッシングして仮想通貨を買う

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードを利用して支払う方法として「キャッシングを利用して現金を獲得し、仮想通貨取引所に入金する」というものがあります。

クレジットカードというとショッピング時に利用するイメージがありますが、申し込み時にキャッシング利用を選んでいれば、キャッシングにも使用できます。

方法の一つは、キャッシングを利用することです。

クレジットカードを利用してキャッシングを利用することでATMから現金を引き出したり、銀行

なお通常のキャッシングの場合は申し込み時に審査がありますが、クレジットカードでのキャッシングの場合、既にクレジットカードカードの審査に通っているため、キャッシング枠に空きがあれば審査を経なくても使用できます。

ただしキャッシングをすると金利も適用されますし、余分にお金もかかってしまいます。今手持ちの現金が無い場合でもない限り、積極的に利用するようなものではありません。

ショッピング枠を現金化して仮想通貨を買う

クレカショッピング枠の現金化

また、裏技的な方法になりますが「ショッピング枠を現金化する」という方法があります。

現金化とは、ショッピング枠を利用して現金を得る方法のことをいいます。一般的に現金化は2種類の方法があり、業者を利用する方法と自分で現金化をする方法です。

業者を利用する場合、業者が指定する商品をカード決済で購入し、買い取り業者に買い取ってもらうといった形で現金化を行います。

一般的に現金化は2つの方法に分かれており、一つは業者が指定する商品を購入する時にカード決済を利用する方法です。カード支払いで商品を購入し、業者に買い取ってもらうという方法です。

また業者で商品を購入し、そのキャッシュバックで現金を受け取るという方法もあります。ストラップ等の商品を購入し、購入額の何割かをキャッシュバックしてくれます。こちらのやり方の方が、インターネット上で簡単に完了でき、現金化までの時間も少なく済ませることができます。

また自分で商品を購入し、それを再度メルカリやヤフオク等で販売するという現金化の方法もあります。うまく商品を選べば、高い還元率で現金化が可能です。

カード会社は、クレジットカードの利用にあたって様々な取り決めをしています。

現金化が法律違反というわけではありませんが、会社によっては現金化を厳禁としているところもあります。露骨なことを繰り返すと場合によっては強制解約になることも考えられるので、注意が必要です。

そのため、どうしてもこの方法を行う場合は事前に利用規約を確認し、自己責任のうえ行うようにしてください。

実際に現金化のしやすい新幹線のチケットなどを頻繁に購入すると、現金化を疑われるようなケースもあるようです。

まとめ

ここではクレジットカードで仮想通貨を買う方法について紹介しました。

クレジットカードを利用したい場合は「海外の取引所を利用する」のが、現実的だと思います。国内の取引所を使いたい場合、搦め手のような使い方をしないと買えないのが現状です。

将来仮想通貨に対する法規制などが整い、カード会社が問題ないと判断した場合、再び買えるようになる可能性もないわけではありません。もっとも、社会情勢や日本人のマインド等を考えると、結構先になりそうですが..

目次