携帯ブラックでも格安SIMを口座振替で契約する裏ワザな方法



全ての格安SIMが口座振替で契約できるわけではありませんが、MVNO数社では携帯ブラックであっても、クレジットカードやデビットカードが無くても、格安SIMを口座振替で契約できる裏ワザな方法があります。しかし、普通にMVNOのウェブサイトから申込んでも口座振替での契約はできませんので注意が必要となります。



口座振替で契約可能な格安SIM

携帯ブラックであっても、クレジットカードやデビットカードが無い場合でも、口座振替での契約が可能な格安SIMのMVNOは以下の5社です。

OCN モバイル ONE(データー通信&音声通話)

OCNモバイルONEはドコモ回線を使用し、現在ご利用中の070/080/090番号がそのまま使える「MNP」に対応し、通話料がおトクな電話アプリ「050 plus」が1番号月額基本料無料で使えるので、一番使い勝手の良いMVNOです。

BIGLOBE SIM(データー通信のみ)

ぷららモバイルLTE(データー通信&音声通話)

もしもシークス(データー通信&音声通話)

インターリンクLTE SIM(データー通信のみ)

格安SIMを口座振替で契約する方法

各MVNOのウェブサイトから普通に申し込んでは、クレジットカードやデビットカードが必要になり、口座振替での契約はできません。
利用までの流れを、OCN モバイル ONEを例にとってご説明します。SIMのみの購入ですので、本体が必要な方は、別途購入する必要があります。



1.格安SIMの購入

まずは、アマゾン等のショッピングサイトで音声対応SIMを購入します。

OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMカード 月額料金1,728円(税込)~(マイクロ、ナノ、標準)等があり、300円程度で買えます。
2~3日程度でSIM申込みパッケージが郵送されますので、受け取って下さい。
※このSIM申込みパッケージSIMカードは入っていませんので、手続きが必要となります。

2.申し込み手続き

使用予定の端末のSIMカードサイズ(端末の説明書を確認)を確認して、SIMカードサイズを申し込みます。
OCN モバイル ONE専用サイトに申し込み書に記載の「アクティベートコード」を入力し、本人確認書類をアップロードして申し込みます。本人確認書類は郵送でも可能です。
2~3日程度でSIMカードが郵送されるので受け取ってください。申し込み後に届く(またはお申し込み終了画面からダウンロード)「OCN会員登録証」は大切に保管ください。

3.端末設定

ご利用になる端末にSIMカードを挿入して接続設定します。端末の説明書等の端末設定ガイドに従って接続設定をして下さい。

sponsored

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です