ブラックでも作れるデビットカードとは

デビットカードがあれば、インターネットでの買い物もスーパーやコンビニ等実店舗での買い物にも大変便利です。

クレジットカードをもっている方にも、デビットカードはオススメです。

大きなお買い物はあとから支払うクレジットカードで、普段のお買い物はデビットカード用の口座にお小遣い分(決めた分)だけ入れておけば、使いすぎる心配もなく、お金の管理をしながら上手にお買い物ができます。


デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードを簡単に解説すると、後払いが出来ないクレジットカードだと思って下さい。

クレジットカードは購入した商品代金を分割や一括での後払い出来るカードで、手持ちの現金が無くても限度額に応じて、欲しい時に欲しい物を購入することが出来ます。

一方でデビットカードは欲しい物を購入する場合、即時銀行口座での決済となり後払いで購入することが出来ないカードなのです!

※一部即時決済とならない場合があります。

ブラックでも作れたクレジットカードなら⇒コチラ

銀行口座が必要

クレジットカードは商品代金を支払う為の銀行口座は必要で、デビットカードも同様に商品代金を支払う為の銀行口座が必要となりますから、この部分は二つとも同じなのですね。

クレジットカード:引き落とし日までに口座に入金しておけば良い
デビットカード:商品購入時に口座に残高が必要
二つの違いは上記の「口座にいつ商品代金が必要であるか!?」で、クレジットカードの場合は引き落とし日が決まっていて、その日までに口座に入金すれば問題ありませんが、デビットカードの場合は即時決済である為に、購入時に口座に残高がないと商品を購入することが出来ません!

デビットカードの利用限度額

クレジットカードの場合、利用限度額はカード契約時にカード会社の審査によって決められ、利用限度額の範囲内であれば繰り返し利用することが出来ます。

デビットカードの場合はちょっと違います。

口座残高が10万円あるとします。
3万円の商品を購入すれば、残り7万円まで利用可能
3万円を口座に入金すれば、10万円まで利用が可能
10万円利用すれば、カード利用は出来なくなる
クレジットカードの利用限度額が、デビットカードの場合は自分のデビット用銀行口座の残高に変わるだけなのです。

クレジットカードとデビットカードの比較表

クレジットカードとデビットカードとの比較を、表にまとめてみました。

 クレジットカードデビットカード
支 払後払い即時口座引落し
<回 数1回、分割、リボなど1回のみ
限度額カードの種類や利用者によって決まる口座残高まで
年 齢18歳以上16歳以上
審 査ありなし

クレジットカードとデビットカードの違いは上記の表の通りです。

VISAデビットカードの種類

クレジットカードとデビットカードとの違いは、発行企業にもあります。クレジットカードはカード会社が発行するカードですが、銀行口座に直結していて口座に残高が無いと利用することが出来ないデビットカードは、銀行が発行するカードなのです。

発行銀行カード名称
三菱東京UFJ銀行三菱東京UFJ-VISAデビット
ジャパンネット銀行JNBカードレスVISAデビット
楽天銀行楽天銀行VISAデビットカード
スルガ銀行SURUGA VISAデビットカード
りそな銀行りそなVISAデビットカード
埼玉りそな銀行りそなVISAデビットカード
あおぞら銀行あおぞらキャッシュカード・プラス
近畿大阪銀行近畿大阪デビットカード
イオン銀行イオンデビットカード

上記のVISAデビットカードが発行されていて、発行するのはそれぞれの銀行が行います。銀行が発行するので「キャッシュカード」と一体化しているデビットカードを、申込むことが出来ますのでATMで口座への入出金とショップでのカード決済が、1枚のカードで完了出来るのは便利です。
銀行口座を開設した際に、キャッシュカードとデビットカードを申込む方法が一番簡単な方法ですが、既にキャッシュカードを所持している場合は別途デビットカードを申込むと一体型キャッシュカードの切り替えが出来ます。

☑通常デビットカードは銀行のキャッシュカードと一体型になる
☑三菱東京UFJ銀行発行の三菱東京UFJ-VISAデビットは別のカードが発行される
☑イオン銀行発行のイオンデビットカードもキャッシュカードとは別カードが発行される

やはり、キャッシュカードとデビットカードは一体型が何かと便利ですが、インターネットショップしか利用しない方は、一体型でなくても不自由はないでしょう。

オススメのデビットカードは

イチオシは楽天銀行VISAデビットカードですね。キャッシュカードとの一体型です。

やはりポイントが貯まりやすいことと、楽天銀行同士の振込は、何度でも振込手数料が無料で、365日24時間即時振り込まれます。さらに、振込手数料に楽天スーパーポイントが使えます。

楽天銀行 カンタン申込

楽天銀行デビットカード申込み

楽天銀行に口座を持っていない方は、楽天銀行公式サイトから『新規口座開設』から口座を開設することからです。

楽天銀行に口座開設済みで、まだデビットカードを持っていない方は、「カードを申し込む」というリンクがあるので、それを選びましょう。

rakuten-card

楽天銀行に口座を持っている方も、持っていない方も手続きは基本同じです。

rakuten-debit

JCBにするかVisaにするかは自由なのですが、個人的には海外でJCBが使えないところが多いため、Visaにしています。

楽天銀行デビットカード(JCB)、楽天銀行デビットカード(Visa) 、楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) のいずれも発行手数料は無料です。

年会費はJCBは無料、VISAは1,029円(税込)、ゴールドデビットカード(Visa)は3,086円(税込)です。

楽天銀行公式サイト


まとめ

デビットカードは銀行口座に残高が無ければ、利用することが出来ません。

買い物をすれば即時決済で、銀行口座から商品代金が引き落としされますから、財布から現金を取り出して決済しているのとほぼ同じことになりますよね。

財布を紛失したり盗まれたりすれば何の補償もありませんが、デビットカードでは、盗難保険、ショッピング保険、オンライン保険など、万一のトラブルでも補償されるのでセキュリティ万全の財布とも言えるのです。

デビットカードのメリットを良く理解すれば、安全で安心なカード利用をすることが出来るとても良いアイテムですよ!