在籍確認で聞かれること



借入れの申込みをすると、「もしもし。私、田中と申しますが、山下さんはいらっしゃいますか?」と、勤務先にこんな電話がかかってきます。
これは在籍確認の電話です。このとき、申告の勤務先に本当に勤めているのか、確認するために行われるのが在籍確認です。

ただ、勤務先に電話をかけられると聞いて気持ちのいい人はいませんよね。
「どんな電話がかかってくるのか?何を聞かれるのか?」
「会社の人にキャッシング業者からの電話だとバレてしまうことはないのか?」
心配になる気持ちはよくわかります。



「在籍確認で聞かれること」や「会社の人にばれることはあるのか」など、あなたが気になるところを伝授します。

在籍確認に不安があるのなら、ぜひチェックしてください。

※ 記事中の名前はすべて仮名です。

キャッシングの際の在籍確認はどうやって行われるのでしょうか?

在籍確認は絶対ある?

まず気になるのは、「在籍確認は絶対あるのか?」ということでしょうが、

どうしても在籍確認は必要なので、絶対あると思っていた方がいいです。

関連記事:【在籍確認なしで借りれる裏ワザ

関連記事:【在籍確認がないクレジットカード会社

これは、消費者金融であっても、クレジットカード会社も銀行でも同じです。
なぜ在籍確認をしなければならないのかと言いますと、
返済能力の確認の一環で、そこに勤務しているからこそ支払い能力があるのですから、申告された勤務先に勤めていなければ、提出された収入証明そのものも怪しくなってきます。
なかには、実際に勤めていない会社を勤務先と申告したり、すでに退職した会社を現在の勤務先として申告する人もいるのです。



在籍確認はいつされるの?

一般的なキャッシングまでの流れは、
1.申込み
2.審査(ここで在籍確認あるいは4)
3.契約の意思確認
4.本人確認書類の提出
5.契約
6.カード発行
7.借入
一般的には、審査から本人確認書類の提出のときに在籍確認がおこなわれます。

在籍確認のとき、何と名乗る?

勤務先に在籍確認のための電話がかかってくるのは避けられない、ということなのです。

在籍確認の内容は、担当者は何と名乗って電話をかけてくるのでしょうか?

消費者金融は、基本的に個人名を名乗ります。

消費者金融の担当者が社名を名乗ると、一発で「消費者金融からの電話である(=借金の件)」ということがばれてしまうので、消費者金融は一切社名を名乗りません。

「田中と申しますが、山下さんはいらっしゃいますか?」というように、担当者の個人名だけを名乗ります。

消費者金融なら絶対社名を名乗ることはありません。

銀行なら「○○銀行ですが・・・」と名乗る場合がありますので、名乗らないよう希望を伝えましょう。

銀行は、お客さんから特別な要望がない限り銀行名を名乗ります。

銀行は、預金や保険など、さまざまな商品を取り扱っているので、「銀行から電話があった=借金している」とは思われないでしょう。

ただ、希望すれば個人名でかけてもらうこともできます。申込み時に希望を伝えましょう。

偽名やウソの社名を名乗ることはできない

たまに、「◯◯保険と名乗ってください」とか「△△病院と名乗ってください」など、ウソの社名を名乗るよう希望される方がいますが、これはできません。

ウソの会社名や偽名を名乗ると法律違反になってしまうからです。

在籍確認では何を聞かれるの?

在籍確認の電話では、どのようなことを聞かれるのでしょうか?

本人が電話に出たケースと、不在だったケースにわけて紹介しましょう。

本人が電話に出たケース

本人が電話に出た場合は、下記のような流れで進んでいきます。

在籍確認の担当者「もしもし。私田中と申しますが、山下さんはいらっしゃいますか?」

勤務先の職員「はい、少々お待ち下さい」

本人「お電話変わりました、山下です」

在籍確認の担当者「山下次郎(フルネーム)様でしょうか?」

本人「はい、そうです」

基本的にはこれで終了です。

本人が不在だった場合

では、本人が不在の場合はどうなのでしょうか?

この場合、電話を取った職員の答え方によっては、詳細を聞かれることがあります。

外出中や単なる休日であれば問題ないのですが、退職済み、もしくは休職中の場合は融資できないからです。

「今はいない」と答えられたとき

たとえば、下記のようなケースはどうでしょうか。

在籍確認の担当者「もしもし。私田中と申しますが、山下さんいらっしゃいますか?」

勤務先の職員「今はおりません」

在籍確認の担当者としては、この返答では困ります。

「外出中なのか」「本日休みなのか」それとも「休職、退職しているのか」が判断できないからです。

そのため、おそらく次のような質問が続きます。

在籍確認の担当者「えっと、営業か何かで外に出てらっしゃいますか?」

勤務先の職員「はい、そうです」

在籍確認の担当者「わかりました。ありがとうございます」

このように、具体的な不在理由を教えてもらえれば、ここで電話を切ります。

「休んでいる」と答えられたとき

また、下記のようなケースも困ります。

在籍確認の担当者「もしもし。私田中と申しますが、山下さんいらっしゃいますか?」

勤務先の職員「休んでます」

これだと、今日休みをとっているだけなのか、休職中なのかわかりません。

そのため、おそらくこんな質問が続きます。

在籍確認の担当者「次に出勤されるのはいつでしょうか?」

勤務先の職員「明後日です」

在籍確認の担当者「そうなんですか、失礼しました。また改めます」

このように、休日なのか休職中なのか判断できる答えが得られれば、ここで電話を切ります。

なお、会話のなかで在籍確認の担当者が「改めます」と言っていましたが、実際は在籍の確認がとれたので、改めて電話することはありません。

しつこく用件を尋ねられたらどうするの?

ここまでお話しても、まだ不安は尽きないと思います。

たとえば、電話に出た職員が不審に思い、用件をしつこく尋ねてきたら…?

事実、勤務先の職員から用件を問われたり責められたりすることもありました。

例を挙げてみましょう。

在籍確認の担当者「もしもし。私田中と申しますが、山下さんいらっしゃいますか?」

勤務先の職員「山下は席を外しております。用件は何でしょうか?戻ったら伝えておくので教えて下さい」

在籍確認の担当者「すみません。個人的な用件なので、本人の携帯にかけてみます」

勤務先の職員「じゃあ最初から携帯にかければいいじゃないですか。そもそも私用は取りつげませんよ」

在籍確認の担当者「さきほど携帯にかけたのですが、繋がらなかったのでやむを得ずこちらにかけてしまいました。すみません。もう一度携帯にかけてみます。お仕事中に大変失礼しました」

在籍確認の担当者は慣れているので、このように適当に言い訳して、さっさと電話を切ります。

たとえ第三者に執拗に用件を問われても、それを話すことは絶対にありません。

同僚にばれてしまうケースとは

「在籍確認で借金申込みのことがバレた」という方は少ないと思われますが、

そのため、消費者金融も銀行も、本人以外に知られないよう全力で気を遣います。

しかし、それでもまわりにばれる可能性はゼロではありません。

最後に、「同僚にばれてしまうケース」をいくつか挙げていきましょう。

電話を取った同僚がキャッシング経験者なら、

「知らない人から個人名で電話があったけど、もしかして在籍確認?」

外部から個人あての電話自体が珍しい職場で、なおかつ電話を取った同僚がキャッシング経験者だと勘付かれてしまう可能性があります。

個人からかかってきた電話なのに、何で生年月日とか住所とか言っているんだろう?もしかしてローンの在籍確認?」

在籍確認の電話を自分で取った場合、その時の会話の内容から推測されてしまう可能性もあります。

電話をかけ直してしまった場合には、

「着信履歴に知らない番号があったのでかけ直したら、電話に出た人が消費者金融の名前を名乗ったんだけど?」

勤務先の同僚や上司が、着信履歴をみてその番号にかけ直したり、インターネットで番号を検索てしまう、ということも考えられます。

通常、在籍確認の電話は非通知でかけるのですが、勤務先によっては非通知だと拒否されてしまう場合があり、その場合には番号を通知してかけるしかありません。

普段は外部からの電話がない勤務先だと、特に怪しまれそうで心配ですよね。

勤務先の同僚には「クレジットカードの在籍確認で電話がかかってくるかも」などと言っておいた方がいいかもしれません。

同僚にかけ直されたときの対策は?

業者によっては、かけ直し対策をとっているところもあります。

たとえば、「在籍確認専用の104登録されていない電話からかけて、かけ直されても会社名を名乗らない」などの対策です。

在籍確認について心配される方も多いですが、ほとんどの場合はスムーズに済むので安心してください。

また、在籍確認について、細かい対応は金融業者によって異なりますので、気になることや要望があったら、必ず事前に確認・相談しておきましょう!

また、在籍確認のためにアリバイ工作会社を使おうとする方がいますが、それは絶対にいけません。

違法なので、くれぐれも利用しないでくださいね。

在籍確認なしで借りれる裏ワザ】も合わせてお読み下さい。

在籍確認は、業者にとっても非常に気を使っていて、会社や同僚にバレないようにできる限りのことをします。

なぜなら、お金を借りることがあなた以外にバレてしまえば、それだけでその在籍確認をした会社の信用は落ちますし、悪い口コミが広がるかもしれませんから。

sponsored

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です