携帯ブラックでも契約できる

携帯電話の通話料金を支払い期日までに支払っていない状態(滞納延滞中)のことを、「携帯ブラック」と言います。ただ、どんなに遅れてでも、請求されている携帯電話の通話料金を完済した時点で、未納料金さえなければ、docomo、au、softbankの三大キャリアでも契約できます。

他社の携帯電話の通話料金に未納はないか調べる「契約審査」と、携帯電話料金の中に携帯電話やスマホ本体の分割払い分がある方が滞納や踏み倒しがあれば、信販会社系の金融ブラックにもなってしまいます。そうなれば、「分割審査」で否決され携帯電話やスマホ本体の分割払いはできなくなります。

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。