破産免責決定から5年以内でも借りれる消費者金融



通常自己破産から5年以上経たないと消費者金融や銀行からは借りれないとか言われていますが、自己破産から5年経たなくても貸してくれるところはあります。
様々なことがあって自己破産に至った方は、もう二度とお金は借りないと決心した方が殆どでしょうし、その方が良いに決まっています。しかし長い間には、お金に困る事が絶対に起きないとも限りません。止むを得ず借りる必要があった場合には、絶対に安心できる所で借りてください。



自己破産していても借りれるの?

自己破産して免責決定から1年位は緊張感が保たれ、再度の借金を躊躇してしまう傾向があります。しかし、自己破産後にしっかり貯金をしていなければ急な出費の時困ります。

どこか借りようとしても審査が不安でなかなか申し込めないでいるのではないでしょうか。

自己破産して5年以内でも歓迎してくれる消費者金融があるのです。実際に自己破産後に借り入れているブラック先輩からの情報を基にリストにしてみました。

できるだけ借りない方がいいのですが、止むを得ず借りる必要があった場合には、ヤミ金等に手を出すことなく、絶対に安心できる貸金業者で借りてください。

黙っていればバレない?

黙っていればバレないと思う方もいるかもしれませんが、自己破産をした時点で信用情報機関に登録され、すぐに確認できるようになっています。

それぞれの消費者金融は審査の時点で必ず信用情報機関に問い合わせているのでこれを避けることは不可能です。これが世間一般で言われている「ブラックリスト入り」になります。

信用情報機関に自己破産の情報が掲載されている期間は免責決定から5年です。

☑CICは自己破産免責から5年後に消えます。

☑JICC(日本信用情報機構)は自己破産免責から5年後に消えます。

☑KSC(全国銀行個人信用情報センター)は10年後に消えます。

※これらの期間よりも長く保存され続ける場合もありますので、信用情報の確認をして下さい。

なぜ自己破産していても貸すのか

自己破産していれば、多重債務からも解放され他に返済がない状態なので、ある意味ホワイトな状況になっているからです。

しかし、気を付けなければいけないのは、二度と同じ過ちを繰り返すことがないようにすることです。

関連記事:【債務整理で返済中でも借りれる消費者金融

貸付条件等

最低の貸付条件は、免責決定されている事です。

一部業者は保証料10%程度を取って貸付けしているようですが、保証料を取る業者は最後の最後に申込みましょう。保証料は、例外を除いて利息の一部に充当されるので、完済した場合不当利得返還請求(過払い請求)ができます。

過払い請求は、過払いがあった場合には個人信用情報の事故情報は記録されないことになっています。

自己破産していても借りれる消費者金融とはいえ、最初から大きな金額は望めないかもしれませんが、短期間で借入件数を増やす事だけは避けてください。

インターネットで申し込みしてから送金されるまでに必要な期間は各貸金業者によって違いがありますが、ほとんどの場合即日融資が可能です。

書類のやりとりで時間がかかる可能性もありますので、焦らずに余裕を持って申し込んでください。

先ずは、新たなる再スタートの気持ちで借りた消費者金融へ毎月延滞することなく半年間くらい信用をつけて増額にトライしてください。



当然ですが、申し込み記入内容により融資の不可や金額も異なりますので予めご了承願います。

破産免責決定から5年以内でも借りれる消費者金融

自己破産から5年以内でも借りれる消費者金融を、口コミ情報の多いオススメ順で記載されたリスト詳細と申込みページは、当サイト【オススメの消費者金融】・・・下記以外のオススメ消費者金融が含まれています。
特にまだ1年以内だという方は、【破産免責決定から1年以内でも借りれる消費者金融】をご覧になって下さい。

フクホー・・・一番おススメ
アイアム
キャネット京都
キャネット北海道
ケンファイナンス
AZ
もみじファイナンス
アルコシステム
ライフティ
日本ファイナンス
ユニズム(ナショナル商事)
ライオンズリース
スペース
エクセル
ビアイジ
エイワ
東日本信販
エース

6 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です